08:13 2018年05月25日
東京+ 21°C
モスクワ+ 17°C
    研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」

    研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」

    © Depositphotos / Silian
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    141

    ニューヨーク大学の研究者らが、アルコール飲料の摂取は口腔内の感染増大を誘発し、このことが歯茎の病気や一部の種類の癌、さらに心臓血管疾患のリスクを高めることを明らかにした。「メディカルエクスプレス」でのプレスリリースで伝えられている。

    スプートニク日本

    調査には、口腔のバクテリアのサンプルを採取した55~78歳の1044人が参加。ボランティアらは、酒を飲まない270人、程々に酒を飲む614人、そして常に酒を飲む160人に分けられた。

    その結果、アルコールが病原性バクテリアの増加を誘発し、一部の危険な、例えば歯や歯茎を破壊する疾患を予防していた、かなりの数のバクテリアを殺したことが分かった。

    アルコール摂取が原因で人間の口の中で繁殖する個々のバクテリアは、淋病や髄膜炎を含む炎症性・化膿性疾患を引き起こしたり、悪性腫瘍や心臓血管疾患の悪化を誘発したりする能力すらある。

    この際、有害なバクテリアの成長の度合いは、アルコールの消費頻度に直接依存する。

    関連ニュース

    97歳おばあちゃん、バーベル60キロ持ち上げる しかも限界はまだ先【写真・動画】

    タグ
    健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント