05:04 2018年10月22日
米F35にロシア起源の報道

米F35にロシア起源の報道

© AFP 2018 / Eric Piermont
テック&サイエンス
短縮 URL
3137

ロッキード・マーチン社製の第5世代ステルス戦闘爆撃機「F35ライトニングⅡ」のある機種に「ロシア起源」の技術が使われており、この機種がソ連の「ヤコブレフ141」と共通の特徴を有していると、米情報サイト「Task and Purpose」の記事で述べられている。

スプートニク日本

同サイトの指摘によると、新型ステルス機の開発は、「鉄のカーテン」消滅の恩恵を受けて可能となった。その例として、1991年にロッキード・マーチンとヤコブレフ設計局が協力についての合意に署名し、この合意によってロッキード・マーチンがヤコブレフ141に関する情報を入手することが可能になったとしている。この情報には、「数年にわたる試験と開発」を必要とした実験データも含まれるという。

「Task and Purpose」は、「現代のF35の核心であるエンジンシステムの開発開始に恐らく役立ったのが、その決定的データだ」と指摘している。

同サイトは、F35をヤコブレフ141の直接の後継機と考えることはできないと指摘する一方で、「しかし、ソ連の古いVTOL(垂直離着陸)機プロジェクトから収集されたデータが、F35統合打撃戦闘機(JSF)のVTOL型開発に利用されたことはほとんど確実である。そしてこのことは、F35が、その存在の少なくとも一部について、[・・・]ソ連時代の兵器計画の恩恵を受けていることを意味している」と伝えている。

タグ
軍事, 武器・兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント