07:26 2018年11月18日
人工知能

米研究所 「AIで核戦争リスクが増大」

© Fotolia / Jim
テック&サイエンス
短縮 URL
352

人工知能(AI)の発展は核戦争のリスク増大を招く可能性を有している。米シンクタンク「ランド研究所」の研究者らがこのような結論に達した。

スプートニク日本

アナリストらの見解によると、AIの危険性は、不正確あるいは不完全なデータにより仮想敵の能力について不正確な評価をAIが下す可能性にある。

原潜
© AP Photo / Xinhua, Zha Chunming, File
研究論文を執筆した一人である同研究所の専門家、エドワード・ガイスト氏は、「AIの新たな能力は、もし躊躇すれば自分たちが負けてしまうと(一方の)人々に思わせるかもしれない。このことは核のボタンを押す誘惑を強める可能性がある。その段階では、たとえまだ人間がいわば『支配権を握って』いるとしても、AIは戦争の可能性を増大させるだろう」と説明している。

このように、AIの発展は、核抑止体制の現在の基盤を相当程度損なう可能性を有している。事態のこのような発展を防止するためには、核大国間の協力が必要となると、同研究所の研究者らは結んでいる。

関連ニュース

米軍、訓練を13倍に加速する人工知能を開発

タグ
軍事, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント