22:58 2018年05月24日
東京+ 20°C
モスクワ+ 23°C
    サウナの思わぬ効用が学術的に明らかに

    サウナの思わぬ効用が学術的に明らかに

    © Fotolia / Milanmarkovic78
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    171

    サウナを頻繁に利用することで脳卒中の発症リスクが下がることが15年に渡る調査で学術的に証明された。ポータル「メディカルエクスプレス」が発表している。

    スプートニク日本

    15年の調査の被験者となったのはフィンランド東部に暮らす53歳から74歳の男女1628人。被験者はサウナに通う頻度を週に1回、2-3回、4-7回と3つのカテゴリーに分類された。

    ポータル「メディカルエクスプレス」によれば、サウナに週2-3回通うグループと4-7回通うという人達は週に1回しかサウナに入らない人に比較して、脳卒中にかかるリスクはそれぞれ14%、61%低いことが分かった。

    性別、年齢、糖尿の有無、ボディマス指数、アルコールの摂取、活発な運動を行うレベルといった要因を考慮しても、サウナに入る頻度と脳卒中の発症リスクとの相関関係は変わらないことがわかった。

    タグ
    健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント