07:35 2018年08月21日
ボストンに完全ロボット化のレストラン

ボストンに完全ロボット化のレストラン マサチューセッツ工科大学の学生が考案【動画】

© AP Photo / Charles Krupa
テック&サイエンス
短縮 URL
133

米ボストンの中心部にロボットにより完全にオートメーション化されたレストラン「スパイス」がオープン。この「スパイス」を開いたのはマサチューセッツ工科大学に通う4人の大学生。学生らはミシュランのシェフ、ダニエル・ボールード氏の協力をあおいで開業を実現させた。AP通信が報じた。

スプートニク日本

レストランではメニューはタッチパネルで選ばれる。

オーダーが入るとロボットらは食材を混ぜ合わせ、調理を始める。

調理時間はわずか3分。お客は調理プロセスを自分の目で見守ることができる。

「スパイス」で使われているのは主に健康的な食材で雑穀、キャベツ、豆、ヨーグルト、肉だが、ヘルシーフードのレストランに比べて、1皿分の値段はおよそ7.5ドルと比較的安く抑えられている。

関連ニュース

東京のレストラン「ゴドノフ」:日本の味を取り入れたロシア料理店

米国でレストランの新メニューに…タランチュラ入りハンバーガー

タグ
食品, テクノ, ロボット, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント