02:26 2018年05月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 13°C
    定期的なアスピリンの服用がなぜ危険なのかが語られる

    定期的なアスピリンの服用がなぜ危険なのかが語られる

    © Fotolia / Mrallen
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 20

    学者たちは、アスピリンを毎日服用すると、メラノーマ(悪性黒色腫)の発症率が男性の場合は2倍に高まることを明らかにした。サイトScience Dailyが伝えた。

    スプートニク日本

    学者らは、メラノーマが一度も見つかったことのない年齢18歳から89歳の約20万人のデータを利用した。

    学者たちは、1年あるいはそれ以上にわたって毎日アスピリンを服用し、その後、少なくとも5年間観察された人たちを分離して区別した。

    結果、アスピリンを定期的に服用した男性のメラノーマ発症率は、その他の人たちよりも1.83倍高かった。なお、女性にはそのような関係性は見つからなかったという。

    学者らはこの事実について、男性の体で生成される防御酵素の量が少ないことで説明できるとの見方を示している。

    関連ニュース

    イブプロフェンと心臓病の新たな関係が見つかる

    男性用ピルのプロトタイプが発表

    タグ
    研究, 健康, 医学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント