15:16 2018年08月18日
大気破壊

大気中のCO2濃度が過去80万年の最高記録を更新

© Sputnik / Anna Ratkoglo
テック&サイエンス
短縮 URL
223

大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が、過去80万年の最高記録を更新した。世界のマスコミが報じた。

スプートニク日本

インディペンデント紙がハワイのマウナ・ロア天文台の情報を引用して伝えたところによると、2018年4月いっぱいにわたってCO2の濃度が410ppmを超えた。

1カ月のCO2平均濃度が410ppmを超えたのは観測史上初だという。

大気中のCO2濃度がはじめて400ppmを超えたのは2013年。2017年10月には、2016年のCO2濃度が403ppmを超えたと報じられた。

なお産業革命が始まる前は300ppm以下だった。

学者らは、CO2濃度の上昇が地球温暖化を加速していると警告している。

関連ニュース

中国、気候への最大の介入をアナウンス

タグ
環境, 地球温暖化, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント