06:41 2018年11月19日
Uber・NASAの空飛ぶタクシー

Uber・NASAが空飛ぶタクシー試作機を公開【動画】

© Screenshot: Uber
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03

配車大手Uberは空飛ぶタクシー開発で米航空宇宙局(NASA)と協定に署名した。飛行機とヘリコプターのハイブリッドになる予定。The Vergeが報じた。

スプートニク日本

提携の発表は年次カンファレンス「Uber Elevate Summit」で行われた。

発表された空飛ぶタクシーには水平に回転する4枚のプロペラが付いている。プロペラは着地時に畳まれる。

また、テールローターも搭載しており、前進するために使われる。

タクシーは完全な電動で、高度300〜400メートルまで上昇できる。

構想では、離着陸場は高層ビルの屋上に設置される。

空飛ぶタクシーにより、現在30分の道のりが5分に短縮されると見られる。

関連ニュース

NZで無人飛行タクシーのテスト

エアバスが「空飛ぶ無人タクシー」をお披露目【動画】

タグ
テクノ, 自動車
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント