08:08 2018年10月20日
衛星

ネットアクセス用国産グローバル衛星システムを構築へ ロシア

© Fotolia / Andrey Armyagov
テック&サイエンス
短縮 URL
1100

ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは、ロシアと全地球を覆う新たな国産高速インターネットシステム開発プロジェクトを提示する方針だ。スプートニクが報じる。

スプートニク日本

無人機やIOT(モノのインターネット)、保護されたデータ通信に使う途切れない連絡チャネル供給などのために用いられると同社は指摘する。

同社は一方で、地球表面を人工衛星グループで完全に覆うことで全世界のユーザーにインターネットアクセスを供給する大規模国際プロジェクト「OneWeb satellite constellation」に関する今後の国際パートナーシップから脱退しない。

関連ニュース

2019年には月で4Gネットワークを構築か

防衛省、独自衛星の打上げに成功 北朝鮮からの防衛のため

タグ
テクノ, 宇宙, 衛星, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント