06:42 2018年05月25日
東京+ 20°C
モスクワ+ 17°C
    カリフォルニアのコーヒーショップ「CafeX」カリフォルニアのコーヒーショップ「CafeX」

    バリスタはもう必要ない? ロボットが学習し時速120杯のコーヒー淹れが可能に【動画】

    © 写真: Cafe X © 写真: Cafe X
    1 / 2
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 24

    カリフォルニアのコーヒーショップ「CafeX」がバリスタを、迅速にコーヒーを淹れる特別ロボットに置き換えた。1時間で約120杯のカプチーノやラテ、エスプレッソを淹れることができる。CNBCが報じた。

    スプートニク日本

    ロボットを開発したのはヘンリー・フーさん(24)。オーナーだけでなく、購入客の節約にもなる。

    「CafeX 」のコーヒー1杯の平均価格は3ドル(約330円)で、一番高くても4ドル。一方スターバックスでは最も高い飲料は2、3倍高くなる可能性がある。

    低価格化の秘密は、ロボットが熟練のバリスタより速くコーヒーを淹れることにある。さらに週7日24時間働くことができ、給料も社会保障も必要ない。

    関連ニュース

    ボストンに完全ロボット化のレストラン マサチューセッツ工科大学の学生が考案

    レゴでできた機械がベーコンエッグをつくる【動画】

    タグ
    食品, テクノ, ロボット, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント