19:28 2018年11月19日
7万8000年前に人類が生活の洞窟、ケニアで発見

7万8000年前に人類が生活の洞窟、ケニアで発見

© 写真 : Mohammad Shoaee
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所の研究チームがケニアにあるパンガヤサイディ(Panga ya Saidi)洞窟遺跡で発掘作業を行い、古代人類の寝泊まり所を研究した。イスラエルのハアレツ新聞が報じた。

スプートニク日本

パンガヤサイディは計1000メートル以上の長さを持つ洞窟の鎖。今日、洞窟は海岸から15キロに位置するが、この距離は海水面の高さによって変動していた。チームは、洞窟に住んでいた人びとが魚を取らず、狩猟採集を営んでいたと見る。

今回の発見は、技術革新が急速に進んだという理論を否定するもの。人びとがより洗練された道具に切り替え、石の加工法を学んだのは徐々に行われたことだ。パンガヤサイディ洞窟で見つけられた単純な石器は7万8000年前のものとみられる。6万7000年前には矢頭や刃などのすでに発達した道具が作られていた。2000年後にはダチョウ卵の殻や軟体動物の殻からのビーズを、さらに2000年後には骨の上に刻んだ彫刻を彫れるようになった。

関連ニュース

タグ
びっくり, 発見, 歴史, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント