11:15 2018年05月22日
東京+ 23°C
モスクワ+ 7°C
    原始人の歯から最も古い肝炎ウイルスが見つかる

    原始人の歯から最も古い肝炎ウイルスが見つかる

    © AFP 2018 / HAIDAR HAMDANI
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 01

    コペンハーゲン大学の研究者グループが、約4500年前に生きていた男性のDNAにB型肝炎の痕跡を発見した。これまでに発見されたウイルス存在の最も古い証拠だという。Science Alertが研究結果について伝えた。

    スプートニク日本

    専門家らは、200〜7000年前に欧州に住んでいた遊牧民137人の歯と側頭骨からDNAを抽出した。

    なお、これまでに見つかったB型肝炎ウイルスの最古の痕跡は450年前のものだった。

    研究結果は、感染がユーラシアで数千年にわたって広まっていたことを示している。

    関連ニュース

    シベリア永久凍土の融解で危険な病原体が放出される可能性

    WHO、数百万人の命を奪う恐れある「疾病X」に警鐘

    タグ
    考古学, 研究, 医学, 文化, 歴史
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント