14:58 2018年09月25日
NASA初の「惑星間」ナノサテライトが、地球の画像を撮影

NASA初の「惑星間」ナノサテライトが、地球の画像を撮影【写真】

© 写真: NASA/JPL-Caltech
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

初のナノサテライト「デュエット」となった2機の超小型衛星「マルコ(MarCo)」が、惑星間空間から地球の写真を撮影することに成功した。NASAのジェット推進研究所が発表した。

スプートニク日本

「マルコ」ミッションの責任者アンディ・クラッシュ氏は「ナノサテライトが宇宙空間へこれほど遠くまで入り込んだことはなく、非常に大きな飛躍だ。2機の状態は申し分なく、正常に作動している」と語った。

​2機の超小型衛星「マルコ」は、5月初旬に惑星間空間に打ち上げられた。

マルコ」は、火星探査機「インサイト(InSight)」が火星に着陸する時に地球との通信を維持し、同プロセスを「ライブ中継」することにおいてNASAのエンジニアを手助けするという簡単ではあるものの非常に興味深い問題を解決するためにNASAが製造した超小型衛星。

同実験が成功した場合、NASAは今後のすべての惑星探査でこのような通信システムの使用に移行する可能性がある。

関連ニュース

欧州宇宙機関、干潟星雲の「透明」写真を公開

NASA、太陽の巨大コロナホールを公開

タグ
写真, テクノ, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント