10:48 2018年09月20日
心臓の健康を促進するために魚を食べよう

心臓の健康を促進するために魚を食べよう

© Fotolia / Nitr
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51

週に2匹以上の魚を食べることで、心臓発作やその他の心臓や血管の病気による早期死亡の可能性を大幅に減らすことができる。Circulation誌に掲載された記事の中で述べられている。

スプートニク日本

医師たちによると、 冠動脈疾患、心臓発作、脳卒中またはその他の血管の問題が発症する可能性を40~50%減らすには、オメガ3脂肪酸を含む魚を週にわずか2匹食べるだけで十分だという。

また純粋な魚油を摂取することで、同様の効果を得ることができる。

なお学者らは、水銀が急速に蓄積するサメ、マグロ、その他の大きな魚を食べるのを避けるよう勧めている。

フィンランドでの健康監視で示されているように、体内の水銀濃度の上昇は、その働きを完全に抑制するわけではないものの、オメガ3脂肪酸の効果を大幅に低下させるという。

関連ニュース

避妊薬に潜む危険 血栓症リスクが35倍に ロシアの医療センター

タグ
医学, 健康, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント