09:24 2018年06月21日
天の川

天の川銀河で宇宙人捜索が始まる

© Sputnik / Vitaliy Timkiv
テック&サイエンス
短縮 URL
141

2015年にロシアの富豪ユーリ・ミルナー氏と英国の物理学者だった故スティーヴン・ホーキング博士が創設したプロジェクト「Breakthrough Listen」の参加者が、地球外知的生命体の信号捜索を開始。天の川銀河内部の数百万の星々で探される。

スプートニク日本

プロジェクトを率いる米バークレーのダニー・プライス氏は、地球が銀河系において知的生命体の存在する唯一の惑星ではないことを証明することが主な目的だという。研究者はすでに3年間、米国、オーストラリア、中国に設置された世界の大型望遠鏡を用いて地球外生命体を探している。

プロジェクト参加者が最初に記録した「疑わしい」信号は自然現象だった。だが観察の規模を何倍にも拡大して研究は続けられた。例えば、オーストラリアのパークス天文台は現在、同時に数万個の星の信号を記録して発信源を判別することができる。研究者らは例外なしに天の川の全領域を観察しているとプロジェクトは発表している。

関連ニュース

天の川と17億の星々の3D地図が公開

「ハッブル」、多数の銀河から成る独特の「宇宙の目」を撮影

タグ
研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント