05:42 2018年12月10日
卵

死に至る病の罹患率を下げる食品が明らかに

© Flickr/ United Soybean Board
テック&サイエンス
短縮 URL
152

1日1つの卵を食べるだけで循環器系の病の罹患リスクを下げることができる。英国、中国の科学者らによる研究結果がサイエンスデイリー誌に掲載された。

スプートニク日本

実験は中国の30歳から79歳までの41万6千人の被験者を対象に4年を通じて行われた。この期間、医師らは被験者の健康状態をチェックし続けた。

4年の実験期間で心臓病の発症例は8万3977件。そのうち9985人が死亡した。

結果を分析してわかったのは1週間の卵の摂取量が5つ以上だった場合、脳卒中による死亡率が28%下がり、循環器系の病による死亡率も1週間の卵摂取量が2個以下の人より18%低いことだった。この他、卵をしっかり食べていた人の場合、冠動脈疾患の罹患率も12%低くなることがわかっている。

関連ニュース

健康な食事なしにうつ病などは確実

健康でいるため、自分に同情するのをやめよう=コペンハーゲン大学

タグ
研究, 健康, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント