08:30 2018年09月20日
大手IT企業「ヤンデックス」のオンライン配車サービス、「ヤンデックス・タクシーが」2018年末までに、タクシー運転手の状況を監視するシステムを導入する。「アフィーシャ・デイリー」が伝えた。

ヤンデックス・タクシー、運転手の疲労状況監視システムを導入

© Sputnik / Natalia Seliverstova
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

大手IT企業「ヤンデックス」のオンライン配車サービス、「ヤンデックス・タクシーが」2018年末までに、タクシー運転手の状況を監視するシステムを導入する。「アフィーシャ・デイリー」が伝えた。

スプートニク日本

当システムは運転手が所有するタブレットに内蔵されており、「Face ID」を通して目やその他のパラメーターをもとに運転手の状況を評価する。

現在、ヤンデックス・タクシーはいくつかの自動車で試験運転を実施している。以前、ヤンデックスは当該プロジェクトに1000万ドルを投資する予定であることを発表している。

関連ニュース

Uber・NASAが空飛ぶタクシー試作機を公開【動画】

ロシアで国産無人車両の初の大規模テストが行われる【動画】

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント