08:28 2018年09月20日
コメ

大気汚染が世界的な「コメ危機」を引き起こす恐れがある

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
235

中国、日本、オーストラリア、米国の国際研究者チームは、二酸化炭素(CO2 )による大気汚染で本格的な「コメ危機」が起こる恐れがあると発表した。

スプートニク日本

研究者らによると、温室効果ガスの増加がタンパク質の成分に悪影響を及ぼすほか、コメに含まれるビタミンや微量元素の量が減少する。コメの栄養価値が低下し続けるため、このような「害された」コメの消費は、人々の健康に悪影響を及ぼす恐れがあるという。

研究では、中国と日本で栽培された18種類のコメのサンプルが選ばれた。中国と日本は産業生産によりCO2 レベルが上昇し続けている。

科学サイト『EurekAlert!』によると、実験では、コメが自然な環境で育つために開放型温室がつくり、特殊なパイプからCO2 を放出して人工的に大気中のCO2 濃度を上昇させた。

結果、CO2 濃度は568~590ppmに達した。なお現在の大気中C02濃度は410ppm台を維持しているが、大気汚染の増加速度は、21世紀末までに568~590ppmまで上昇することを物語っている。

関連ニュース

タグ
食品, 自然, 食べ物, 研究, びっくり, 科学, 地球温暖化, 日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント