03:14 2018年06月20日
地球

天文物理学者らが、人類の3つの行く末を予測

© 写真: NASA/Barry Wilmore
テック&サイエンス
短縮 URL
152

天体物理学者のグループが、人類の3つの行く末を予測した。アトランティック誌が報じた。

スプートニク日本

学者らは2種類の資源の間で切り替わる可能性をモデルに加えた。

1つ目の資源では、たくさんのエネルギーが生産されるが、環境が著しく悪化する。2つ目の資源を利用した場合は、エネルギー生産ははるかに増加するものの、生活環境への悪影響は一切ない。

「滅亡」

文明は大量の資源を使って人口がピークに達するまで急速に発展した。その後、急激な人口減少が始まり、それは残っている住民の生活を地球が保障できるようになるまで続いた。その間に地球の住民の70%が死亡した。

「ソフトランディング」

文明ははじめ最初の道に沿って進んだが、臨界点に達する前に2つ目の資源へ円滑に移行したため、人口の大部分が救われ、健康的な環境も維持された。

「本格的な崩壊」

地球環境は急速に悪化し、「弱い」資源への移行ももはや絶滅を完全に防ぐことはできなかった。

関連ニュース

人類は男のせいで絶滅する

タグ
科学, 環境, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント