16:42 2018年09月26日
はやぶさ2

小惑星探査機「はやぶさ2」 宇宙の生命発生の謎を解く飛行の最終段階に

CC BY-SA 4.0 / Go Miyazaki / Japanese spacecraft Hayabusa 2 follow-on of the asteroid sample return mission Hayabusa (cropped phoot)
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は目的地の小惑星リュウグウ到着に向けた飛行の最終段階に入った。「はやぶさ2」はリュウグウに到着したあと、これに着陸する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が明らかにした。

スプートニク日本

リュウグウは地球と火星の間に位置している、直径わずか900メートルの小惑星。計画では「はやぶさ2」は6月21日から7月5日の間に到着する。

「はやぶさ2」は2014年12月、種子島宇宙センターから打ち上げられた。リュウグウでは土壌サンプルを採取し、2020年末には地球に帰還する予定。研究者らはリュウグウに水や有機物質の痕跡を発見することを期待しており、これが見つかれば、宇宙に生命が拡散していく秘密を解き明かす一助となる。

最初の「はやぶさ」は2003年に打ち上げられ、アポロ軍の小惑星イトカワに到達し、サンプルを地球に持ち帰った。「はやぶさ」は60億キロという人類史上最も長い行程の宇宙飛行に初めて成功している。

関連ニュース

日本加速器、素粒子衝突の観測に成功 宇宙の謎は解明されるか?

NASA初の「惑星間」ナノサテライトが、地球の画像を撮影

タグ
テクノ, 科学, 宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント