23:13 2018年06月19日
温度計

寒さと心筋梗塞の思わぬ関係性

© Sputnik / Alexey Malgavko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

寒さが到来すると、心臓発作の起きる確率が上昇するだけではすまない。心臓病を持つ人の中での死亡率も上昇する。マンチェスターで開催された英国循環器病ソサエティーの毎年の会合で循環器医らからこうした報告が行われた。

スプートニク日本

オランダの循環器医らは4年前、気温が10度下がると心筋梗塞の起きる危険性が平均で7%上昇することを明らかにした。

英国の医師らは、11月から4月に通院する患者らの死亡率はほかの時期の心臓病患者より統計上、平均で1.5倍増えていることに注視した。寒い時期は心臓発作の3分の1は死亡するが、暖かい時期は死亡率は4分の1に下がる。

自然との関係の謎はまだ解明されていないものの、医療関係者らは健康管理機関にこの事実をふまえ、寒い時期にはより積極的に心停止や心筋梗塞への対策を行うよう進言している。

関連ニュース

日本の研究者らが、ガムと減量のつながりを見つける

避妊薬に潜む危険 血栓症リスクが35倍に ロシアの医療センター

タグ
研究, 医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント