03:32 2018年06月20日
ニューホライズンズ

NASA「ニューホライズンズ、休眠から覚醒」 宇宙探査再開の準備完了

NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

米航空宇宙局(NASA)の発表によると、NASAの専門家らが無人探査機「ニューホライズンズ」の休眠モード解除に成功した。冥王星上空を通過した時に収集された全データの送信完了後、同探査機はほとんど半年間、休眠状態だった。現在、同探査機は新たな目標に向かっている。

スプートニク日本

ニューホライズンズが休眠状態に入ったのは昨年12月末。冥王星を撮影した最終的な一連の画像と、より小規模な複数の天体の特徴に関するデータを地球に送った後のことだった。

ニューホライズンズの次なる目標は、太陽系外縁天体「2014 MU69」。「世界の果て」を意味する「ウルティマ・トゥーレ」という愛称が3月に同探査機チームによってつけられている。学者らはこの天体を「冥王星の先駆者」と呼んでいる。この天体は比較的大きな2つの小惑星から成る二重惑星で、ウルティマ・トゥーレを探査することにより、その親戚である冥王星の本質をより良く理解できるようになる。同探査機がウルティマ・トゥーレに到達するまで、さらに2億6200万キロの距離が残っている。

学者らは今後数日間を、ニューホライズンズの正確な位置の算出や、カラー及びモノクロカメラも含む探査機の機器のチェック、また探査機のコース修正に費やす計画だ。

関連ニュース

NASA探査機、過去最遠の惑星の写真の撮影に成功

NASA、探査機ニューホライズンズの冥王星接近動画を公開

タグ
テクノ, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント