05:41 2018年08月16日
孤独感

孤独感は心血管系にとって最大の敵

© Fotolia / Bits and Splits
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

デンマーク・コペンハーゲン大学病院の研究チームによると、孤独感は健康に悪く、心血管系疾患で亡くなる確率を大きく高める。

スプートニク日本

同大学病院のアン・ヴィンガード・クリステンセン氏は、虚血性心疾患、不整脈、心不全、または心臓弁疾患を有する患者およそ1万4000人において、良くない社会的ネットワークが悪い健康と関連しているかを調べた。患者らは2013年4月〜14年4月にかけてデンマークの5つの心臓疾患センターを退院し、身体的健康およびメンタルヘルス、喫煙などの生活習慣や社会的支援に関するアンケートに答えた。

孤独感を感じた人は男女を問わず死亡率がほぼ2倍に上がったと判明した。

この原因の1つとして、社会的に支援されていない人は不健康な生活を送り、治療に素直に従わず、ストレスのかかる出来事の影響を受けやすいためだとクリステンセン氏は指摘する。

だが、クリステンセン氏が強調するところ、様々な要因を調整したあとでも、孤独感それ自体が健康に悪影響を及ぼす。1人で住むよりも、孤独を感じる方が健康に悪い。

関連ニュース

タグ
病気, 研究, 科学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント