18:14 2018年12月14日
イタリアの芸術家ミケランジェロ・ブオナローティ「アダムの創造」

生理学者ら、神の「顔」作成【写真】

© 写真 : Public domain
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

米国の生理学者らが、彼らの意見によると神がどのような姿に見え得るかについて知るため、数百人にアンケート調査を行った。回答者らによる様々な答えを、学者らは1つの肖像に統合、神の独特の「再現された顔」を手に入れた。

スプートニク日本

研究の成果が「PLOS ONE」誌に掲載されている。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の学者らが調査を行い、これには511人が参加した(全回答者が自らをキリスト教徒だと名乗った)。

調査には、男性も女性も、異なる人種や異なる政治的信条の代表者らが参加した。

その結果、神の「肖像」は個々のグループにおいて異なるものになった。例えば、保守的な人々は神をより強大な、そしてより「白い」存在として見ている一方で、リベラルな人々の考えでは神はより若く、そしてより女性的な存在となっている。

黒人の人々による回答から得られた神の顔では、学者らはこの人種に典型的な特徴をより多く見出している。

学者らは同じ傾向を、異なる年齢のグループでも確認している。若い調査参加者は、神をより若い存在として見ているのだ。

関連ニュース

「マーベル」の登場人物が全員女性だったら?

タグ
宗教, 科学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント