02:40 2018年10月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
111

海底考古学者のデビッド・ギビンス氏が指導する英国の研究者らが、宝物を輸送し17世紀に沈没した貿易船の断片を発見した。宝物の現在の価値はおよそ1千万ドルになると、ニューヨーク・ポスト紙が伝えている。

スプートニク日本

東インド会社に所属していた英国船「プレジデント」は1684年、真珠とダイヤモンドを積んでインドから戻る途中で沈没した。

船の残骸とみられるものが潜水夫らによって初めて発見されたのは約20年前だが、沈没船保存に関する法律がその研究を困難にした。

そのとき以来、船の断片が砂によって押し流されたことが分かった。政府の団体「ヒストリック・イングランド」はギビンス氏とそのチームに、「プレジデント」の破片研究に対する許可を与えた。破片は最近の暴風が原因で再び海底の表面にあるように見えていた。

専門家らの話では、沈没事故時以来、船によって運ばれていた宝物は手付かずのままだという。

関連ニュース

漱石自筆の葉書、100年ぶりに福井で発見

タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント