14:58 2018年12月11日
核戦争(イメージ)

米国の学者らが、核兵器使用の無益さを説明する

© Wikipedia/ United States Department of Energy
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

ミシガン工科大学の学者らは、米国が他国に対して核兵器を使用した場合、米国人自身に害が及ぶことを明らかにした。サイエンス・アラートが伝えた。

スプートニク日本

学者たちは、相互確証破壊の理論の下、超大国が互いに核兵器を使用する場合、そのようなシナリオは最終的にすべての抵抗する側にとって無益かつ「自殺的」であることを指摘した。

スタニスラフ・ペトロフ氏
© AP Photo / Pavel Golovkin
学者らは、国が敵を核攻撃しても報復的核攻撃を受けない別の「最良のシナリオ」を検討したが、たとえそのようになったとしても環境災害が引き起こされ、核攻撃を行った国も被害を受けるとの結論に達した。

専門家らによると、米国が仮想敵に対して7000発の核弾弾頭を使用した場合、「核の冬」の到来とそれに続く飢餓で約3000万人の米国人が死亡し、1000発の弾頭を使った攻撃は、米市民14万人を死へと導く。学者らは、弾頭の使用数が100発未満だった場合にのみ、米国は否定的な結果を回避できるとの見方を示している。

またサイエンス・アラートによると、学者らは、核攻撃の後、大規模な暴動や暴力レベルの高まりによって大勢の米国人が死亡すると予測した。

関連ニュース・記事

タグ
びっくり, 核問題, 研究, 科学, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント