04:59 2018年08月22日
結婚

結婚は脳卒中や心臓病のリスクを低減する

© Fotolia / Photocreo Bednarek
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

結婚は、脳卒中や心臓病の発症リスク、また早死のリスクを低減することができる。雑誌Heartに、英キール大学の学者らの研究に関する記事が掲載された。MedicalXpressのプレスリリースで発表された。

スプートニク日本

学者らは、1963年から2015年に実施された34件の大規模な研究を分析した。

研究対象者となったのは、42歳から77歳の200万人以上。

一度も結婚したことがない人や離婚した人、また配偶者に先立たれた人は、虚血性心疾患や脳卒中による死亡率が高いことがわかった(死亡リスクはそれぞれ42%と55%増)。

離婚者の心血管疾患の発症リスクは平均で25%増、脳卒中は16%増だった。

これは、既婚者は体の不調に気づくのがより早く、早めに医師の診察を受け、薬の用法・用量を守り、より生活が保障され、強い社会的つながりを持っているからだという。

関連ニュース

死に至る病の罹患率を下げる食品が明らかに

心臓の健康を促進するために魚を食べよう

タグ
医学, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント