23:39 2018年11月19日
発掘調査【アーカイブ写真】

中国で、約1億2000万年前に生息していた恐竜の痕跡化石が見つかる

© AFP 2018 / Frederic J. Brown
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

中国、オーストラリア、米国の考古学チームが、中国東部で、約1億2000万年前に生息していた様々な種類の恐竜の痕跡が残された化石を発見した。新華社通信が報じた。

スプートニク日本

中国東部の山東省で約1億2000万年前の白亜紀に恐竜の群が残したとみられる300以上の痕跡が見つかった。

学者らによると、痕跡は7種類の恐竜が残したものと思われる。

山東省にある臨沂大学付属地質学・古生物学研究所のワン・シャオリー所長は「恐竜の痕跡の発見は衝撃的だった。なぜなら同地域でこれまでに恐竜の痕跡が発見されたことはなかったからだ」と指摘した。

学者らは、肉食恐竜「デイノニクス」が同一方向に並行して歩いた足跡が発見されたことについて、最も「驚くべき発見」と指摘している。

学者らは今回の発見について、孤立して生活していたと考えられていた恐竜は、実は大きな群れで暮らしていたことを物語っているとの見方を示している。

関連ニュース

巨大な恐竜の足跡多数見つかる スコットランドの島で【写真】

「シベリアの巨人」 新種の恐竜発見【写真】

タグ
発見
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント