05:14 2018年07月21日
9900万年前のカエルの化石、琥珀の中で見つかる

9900万年前のカエルの化石、琥珀の中で見つかる【写真】

© 写真: Scientific Reports
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

琥珀の中で9900万年前のものと見られるカエルの化石が見つかった。これは白亜紀の湿気の多い熱帯雨林にカエルが生きていたことを示す最も初期の証拠だ。科学誌『Scientific Reports』に論文が掲載された。

スプートニク日本

「Electrorana limoae」という名称を与えられた新種のカエルはミャンマーで、中国地質大学の邢立達(Lida Xing)博士が率いる古生物学チームによって発見された。

化石は一部しか保存されていなかったが、チームは歯の付いた頭蓋骨、前脚と後ろ脚および背骨の一部を同定することができた。

化石の年代は琥珀が発見された岩石に含まれるジルコンの年代測定を行うことで、9880万年プラスマイナス60万年頃のものだと特定された。

発見された化石は、恐竜がまだ地上に存在していた約1億年前に、カエルが湿気の多い熱帯雨林ですでに生息していたことを示す最も直接的な証拠となった。

​関連ニュース

北京 琥珀の中で見つかった9900万年前のひな鳥が公開される

中国で、約1億2000万年前に生息していた恐竜の痕跡化石が見つかる

タグ
科学, 歴史, 研究, 動物, 考古学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント