01:32 2018年07月19日
人類はなぜ地球外生命体を発見できないのか=英国物理学者

人類はなぜ地球外生命体を発見できないのか=英国物理学者

© Depositphotos / Stocksnapper
テック&サイエンス
短縮 URL
133

英国物理学者は英国雑誌「王立協会紀要」で、人類がなぜこれまで地球外生命体を発見できなかったのか、そして今後も発見することができないかという問いに対する、より論理的な説明を加えた。

スプートニク日本

英オックスフォード大学のアンダース・サンドバーグ氏は、「他の研究者は、宇宙に生命が発生するのは極めて稀であるがゆえに我々は地球外生命体を見つけることができないとしている。かくのごとき説明は大変おかしく、時として非現実的でもある」と述べた。

半世紀以上前には、米国の天文学者フランク・ジャイク氏が地球外生命体の発見の可能性を評価しようと試み、銀河系に接触を図ることができる文明がどれほど存在するかを計算する公式を考案した。

ジェイク氏の公式は、その可能性が極めて高いことを導き出した。それを受け物理学者のエンリコ・フェルミは、「地球のような惑星が多数存在するならば、我々はなぜ手掛かりを見つけられないのだ」という「フェルミのパラドックス」を打ち立てた。

研究者たちは、多くの手段を用いてこのパラドックスを解明しようと試みた。最も有名なものが「レアアース仮説」。この仮説の核心は「生命の発生には地球と全く同じ条件が必要である」ということだ。

また、地球外生命体と接触を図ることができないのは、銀河系内の文明は短期間で滅んでしまうか、我々人類から積極的に身を隠そうとしているからであるとする天文学者もいる。

関連ニュース

SETI研究者らが、宇宙人とコミュニケーションをとるための「万能な言語」作成へ

米国、宇宙軍の創設開始=ホワイトハウス

タグ
宇宙, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント