01:25 2018年07月19日
小惑星リュウグウ

小惑星リュウグウの不思議な異常 JAXAが「はやぶさ2」の画像を読解

© 写真: JAXA, University of Tokyo & collaborators
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

日本のJAXAは小惑星探査機「はやぶさ2」から送られてきたリュウグウの新たな写真についての記者会見を開いた。

スプートニク日本

写真からリュウグウの自転が変わった性格を持ち、重力異常が大きいこと、また赤道付近に標高の高くない岩塊やクレーターが複数あることを示していると説明した。

JAXAの津田雄一研究教育職員は、リュウグウの赤道付近にはクレーターと山が多くある存在しており、これが「はやぶさ2」のリュウグウ着陸を難しくさせていると説明し、加えて重力もリュウグウの全域において一様に下に向かうものではないと語っている。

「はやぶさ2」は2014年12月、種子島宇宙センターから打ち上げられた。リュウグウでは土壌サンプルを採取し、2020年末には地球に帰還する予定。研究者らはリュウグウに水や有機物質の痕跡を発見することを期待しており、これが見つかれば、宇宙に生命が拡散していく秘密を解き明かす一助となる。

関連ニュース

火星南極の第1号カラー写真を入手【写真】

NASA「ニューホライズンズ、休眠から覚醒」 宇宙探査再開の準備完了

タグ
研究, 科学, 宇宙, JAXA, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント