16:24 2018年07月23日
露「恐竜村」で巨大な骨の断片を発見【アーカイブ写真】

露「恐竜村」で巨大な骨の断片を発見 【写真】

© Sputnik / Alexander Paniotov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

数日前にシェスタコヴォ村で野外発掘作業の新たなシーズンを開始したモスクワとケメロヴォ州の学者らによる遠征隊が、巨大なサイズの恐竜の骨の断片を発見したと、地域行政府の広報部が25日に発表した。

スプートニク日本

この骨は、大きく重い体と長い首を持つ巨大な草食爬虫類である竜脚下目のものとみられるが、この骨が大きな肉食恐竜の骨格の一部である可能性を学者らは排除していない、と指摘されている。

露「恐竜村」で巨大な骨の断片を発見
露「恐竜村」で巨大な骨の断片を発見

中国人農家、ジュラ紀のカメの化石を発見
© 写真 : Yuri Gagarin SSTU/ Maxim Arhangelsky
ケメロヴォ州立博物館では、「遠征隊参加者らは、シェスタコヴォにはかつて巨大な肉食恐竜が生息し、もう少し小さい自らの同類、つまりプシッタコサウルスのような草食爬虫類を狩っていた可能性があると推定している。学者らの推測が立証されるだろうとの希望を、新たに発掘された骨が与えている」と説明している。

シェスタコヴォは、白亜紀初期の恐竜化石のロシア最大の産地で、そこでは5回目の野外シーズンが既にスタートしている。

関連ニュース

ロシア「恐竜村」で新たな発掘シーズンが開かれる

9900万年前のカエルの化石、琥珀の中で見つかる

タグ
テクノ, 科学, 動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント