10:54 2018年10月24日
肉

肉と砂糖はがんリスクを高める大きな原因

© 写真: Max Besser Jirkal
テック&サイエンス
短縮 URL
0 92

商品とサービスの質のチェックを専門的に行う英誌「Which」は、がんリスクを高める最も危険な食材を挙げた。

スプートニク日本

大腸がんや胃がんリスクを高める食品は加工肉だ。

メーカーは発がん性物質を用いて消費期限を伸ばし、味を良くしようとしている。

世界保健機関(WHO)は、1日50グラムの加工肉(ベーコン2枚分)でも大腸がんリスクを18%高めると報告している。

砂糖もがんリスクを高める。

砂糖とガンの直接的な関連性は見られなかったが、砂糖を多く含む食品を頻繁に食べることで体重が増え、これががんリスク上昇につながる。一方で、がんリスクを高めると報告される農薬、人工甘味料、食品添加物だが、科学的にまだ証明されていない。

ブルーベリー、ザクロ、脂の乗った魚などのスーパーフードは健康に良いとしつつも、スーパーフードやウコン、緑茶が単独でがんリスクを下げたり治すという証拠はないと専門家は指摘。がんリスクを下げるため、専門家らは果物や野菜、食物繊維の摂取量を増やし体重を維持し、喫煙を控えるよう推奨している。

関連ニュース

がんになるリスクが最も高い職業が明らかになる

4種類のがんの拡散を阻止する薬剤が開発される

タグ
科学, 研究, ガン, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント