05:31 2018年07月21日
セックスロボット、男性を拒否することを学習

セックスロボット、男性を拒否することを学習

© AFP 2018 / Behrouz Mehri
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

セックスロボット「サマンサ」は新しい機能を学習し、「ダミー」という「独り身」モードに入ることができる。このモードのサマンサは、相手が余りに暴力的であったりサマンサが退屈であれば性行為に応えない。

スプートニク日本

持ち主が度の過ぎた振る舞いをすれば、サマンサは声や表情、手足など身体の動きの機能が停止された通常のセックスドールになる。作成者は、こうした機能により利用者はサマンサにより敬意を払うことになるはずだと指摘する。

サマンサを作ったセルジ・サントス博士は、妻の要望を受けて機能を追加したと述べた。

関連ニュース

モスクワ初のロボット風俗店 性産業のロボット化が内に隠すものは?

浮気現場が見つかった男性、相手はダッチワイフと説得試みる

タグ
ロボット, セックス, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント