19:45 2018年10月23日
1日6杯のコーヒー、若死にを防止

1日6杯のコーヒー、若死にを防止

CC0 / Pexels
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54

1日6杯のコーヒーを摂取すると、若くして死亡する確率を16%低下させることができると、米国立がん研究所(NCI)と米国立衛生研究所(NIH)の学者らが明らかにした。研究成果は米医師会雑誌(JAMA)のウェブサイトに掲載されている。

スプートニク日本

2006~16年の期間、専門家らは38~73歳までの英国人ほぼ50万人の健康状態を観察。特に、被験者らに対しては、1日に何杯のコーヒーを飲むか質問した。

その結果、1日当たり最大8杯を摂取していた人々では、若くして死亡するリスクが14%減少したことを学者らは算出した。最大6杯飲んでいた被験者では、この指標は16%となった。コーヒーの消費が5杯以下に制限されていた人々でも、リスクはより小さな程度で低くなった。

腫瘍疫学者のエリッカ・ロフトフィールド博士の話では、若くして死亡するリスクの低減は、飲むコーヒーがインスタントか粉末か、あるいはカフェイン抜きかどうかに関係なく、コーヒー愛好者全員で観察されたという。

コーヒーの無害性や効用を立証する一連の研究が存在している。

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント