06:56 2018年10月23日
外国における原発発電ユニット建設市場の3分2はロシアが占めている

外国における原発発電ユニット建設市場の3分の2はロシアが占めている

© AP Photo / IIPA,Ebrahim Norouzi
テック&サイエンス
短縮 URL
131

外国における原子力発電所発電ユニット建設市場の3分の2はロシアが占めている。ロシア原子力企業「ロスアトム」のアレクセイ・リハチョフ社長が明らかにした。

スプートニク日本

リハチョフ氏はメドベージェフ首相との会談で「現時点で35基の発電ユニットが契約及び政府間協定として締結されており、これは外国における建設市場の67%だ」と述べた。

「ロスアトム」のホームページに掲載されている情報によると、現在ロシアでは発電ユニット6基が建設されている。外国で建設中の原子力発電所には、以下の発電所が含まれている:

アックユ原子力発電所(トルコ)

ベラルーシ原子力発電所(ベラルーシ)

ブシェール原子力発電所(イラン)

エル・ダバア原子力発電所(エジプト)

クダンクラム原子力発電所(インド)

ルップル原子力発電所(バングラデッシュ)等

1 / 7
アックユ原子力発電所(トルコ)
タグ
原発, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント