13:04 2018年07月19日
ノルウェー

500年前の剣、ノルウェーの湖底から発見【写真】

CC BY 2.0 / Sondre Bjellås / Mjøsa
テック&サイエンス
短縮 URL
110

ノルウェー最大のミョーサ湖で500年前の剣が見つかった。剣は1500年代に権力を持った人物が有しており、戦いや断首に用いられていた。thelocal.noが報じる。

スプートニク日本

発見された剣は2人のダイバーによりミョーサ博物館に運ばれた。博物館のアルネ・ベルグ館長はいくつかの特徴から、剣が500年ほど前のものだと特定した。

ベルグ館長は「仮説の1つは、これが戦闘用の剣であるというものだ。このような両手剣は通常、1500年代ヨーロッパ周辺の海域での戦いや戦争で用いられていた」と説明する。他の説によると、剣は処刑に用いられていた。また、儀式や地位を示すために用いられていた可能性もあるとベルグ氏は付け加えた。

剣はサビを引き起こす塩水や空気に触れずに淡水のなかにあったため、保存状態は比較的良い。

関連ニュース

タグ
びっくり, 歴史, 発見, ノルウェー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント