02:43 2018年09月20日
脳と筋肉の働きを促進する食事が研究される

脳と筋肉の働きを促進する食事が研究される

© Fotolia / Stokkete
テック&サイエンス
短縮 URL
111

人気が高まりつつあるケトン食は脳と筋肉の働きを高める。学術誌『ネイチャー』に論文が掲載された。

スプートニク日本

いわゆるケトン食は今日、フィットネスとスポーツ愛好家のなかで急速に人気を集めている。

他の食事と大きく異なるのは、カロリーの大部分を炭水化物ではなく脂質とタンパク質から摂取すること。炭水化物を脂質とタンパク質に置き換えることで、脳や他の体の器官に、主なエネルギー源としてグルコースではなく脂肪酸およびケトン体を消費させる。

これは筋肉と脳細胞を特別な「エネルギー貯蓄」モードに切り替え、結果として筋肉はよりタフに、脳細胞は老化速度が低下する。

このためケトン食は今日、サイクリストやマラソン走者、耐久力が重要な他のスポーツ選手のあいだで特に人気となった。

関連ニュース

人気のビタミン剤は無駄 研究チームが解明

健康な食事なしにうつ病などは確実

タグ
健康, フィットネス, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント