22:34 2018年11月15日
ネクタイ着用による健康被害を指摘=独大学付属病院

ネクタイ着用による健康被害を指摘=独大学付属病院

© REUTERS / Stefanie Loos
テック&サイエンス
短縮 URL
2130

ネクタイ着用は脳の血流に否定的な影響を及ぼす。独シュレースヴィヒ=ホルシュタイン大学付属病院が明らかにした。

スプートニク日本

大学病院の医師らは、ネクタイ着用による頸静脈、及び頸動脈への圧迫は、脳血管の働きに否定的な影響をもたらすとの結論に至った。研究結果は、研究結果は米医学雑誌「Neuroradiology」に発表されている。

研究には30名のボランティアが参加した。被験者のうち半数にはネクタイの着用を求め、「核磁気共鳴映像法(MRI)」検査を実施した。残りの半数にはネクタイ着用を求めずに同様の検査を実施した。

研究結果から、ネクタイ着用を求められた被験者の脳の血流レベルが著しく低下したことが明らかになった。

関連ニュース

脳と筋肉の働きを促進する食事が研究される

脳手術中にサイバー攻撃も無事成功 ロシア

タグ
健康, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント