00:12 2018年09月24日
最古のビール醸造所がエジプトで見つかる

最古のビール醸造所がエジプトで見つかる【写真】

© 写真: Ministry of Antiquities of Egypt / Luxor Times
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

ナイル川デルタで、5000年以上の古代エジプト人がビールを作っていた世界最古とみられるビール醸造所の遺跡が見つかった。ルクソール・タイムズが報じた。

スプートニク日本

エジプト考古省の報道担当官は、「ビール醸造所の道具、そして非常に珍しい古代からの狩猟犬であるスルーギのミイラと人々のミイラを見つけた。これは、犬の飼い主が名声と資産を持った人々であったことを物語る」と語った。

1 / 4
最古のビール醸造所がエジプトで見つかる

下エジプトと上エジプト共通の初のファラオの下にエジプトが統一し始めたエジプト先王朝時代最後の時代にビールを醸造していた施設2つが見つかった。

施設の基礎、粘土製のレンガ、陶器の破片、まな板のほかに、アラバスターの小彫像や粘土製の容器とともに珍しい体勢で埋められていた人間のミイラ、そしてスルーギ数匹のミイラと骨が見つかった。

関連ニュース

古代エジプトの大元帥の墓が発掘

エジプト ツタンカーメンの妻の墓所がとうとう明らかに

タグ
文化, 歴史, 考古学, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント