17:49 2018年12月12日
本

デンマークの大学で、命にかかわるほど危険な書籍が見つかる

© Fotolia / Pakhnyushchyy
テック&サイエンス
短縮 URL
0 25

南デンマーク大学の図書館で、強力な毒が塗られた本が見つかった。スカイ・ニュースが報じた。

スプートニク日本

学者らは、16世紀から17世紀の書籍3冊を研究した。その過程で、書籍にしっかりと塗られた緑色の塗料が、ラテン語で書かれた文章の判読を困難にしていることに気づいた。調査の結果、これは塗料ではなく、命にかかわるほど危険な毒であることがわかった。

南デンマーク大学のコーア・ルッド・ラスムセン助教授は「緑色の表面にX線をあてた時、途方もない量のヒ素が見つかった」と語った。

ヒ素は、虫やネズミなどから書籍を保護するためにその表面に塗られたという仮説がある。

関連ニュース

誤植ありハリポタ初版、7万4000ドルで落札

タグ
歴史, 文学, デンマーク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント