22:31 2018年07月19日
ムクスン

ロシアで絶滅の危機に瀕している魚を救う方法が考案される

© 写真: Tyumen State University/Leonid Shuman
テック&サイエンス
短縮 URL
113

ロシアのチュメニ国立大学の学者らが、ホルモン注射を使って絶滅の恐れのあるムクスンを救う方法を考案した。

スプートニク日本

ムクスンは、ウスリーシロザケの希少魚の一つ。西シベリアではその数が着実に減少しており、絶滅の危機に瀕していることから、その捕獲は禁止されている。

オビ川で個体数を回復させる人工繁殖は、非常に高価だ。高コストの主な理由は、ムクスンの成熟年齢が遅いため(4歳から7歳まで)、繁殖に時間がかかり、大きな労力を要することだ。

チュメニ国立大学のヒト・動物の解剖学及び生理学科の助手レオニード・シュマン氏は「ムクスンの回復をコントロールする既存の技術では、人工繁殖のための成熟個体を迅速に得ることはできない。好適な条件の中でさえ、ムクサンの成長は遅れている」と語っている。

一方、チュメニ国立大学の学者らは、胚発生の前の段階で合成ホルモンを注射すると、その速度が大幅に加速することを明らかにした。

この方法を工業的規模で用いることで、魚の養殖を簡素化し、絶滅危惧種を救うことが可能となる。

関連ニュース

5トンもの海のゴミから出来たクジラの彫像、ベルギーに設置【写真】

ゴミ再生 ソ連の経験から日本の技術まで

タグ
環境, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント