04:00 2018年11月22日
南極

南極上空のオゾンホールがなくなった

© Fotolia / Steve Allen
テック&サイエンス
短縮 URL
331

欧州宇宙機関(ESA)は、南極上空のオゾンホールが消えたと発表した。同データは、2017年11月の大気の調査中に、ESAの地球観測衛星センチネル 5プリカーサーが入手したもの。

スプートニク日本

ESAは、南極の半分を覆うオゾンホールが昨年11月26日までに消えたとみられる画像も公開した。

再びオゾンホールが形成されることはないのか?それはまだわからない。これはパブリックドメインに置かれたESAの一次情報にすぎない。

  • 南極
    南極
    © REUTERS / Pauline Askin
  • 南極
    南極
    © Fotolia / Fotodeandre
  • 南極
    南極
    © AP Photo / David Goldman
1 / 3
© REUTERS / Pauline Askin
南極

オゾン層は太陽からの有害な紫外線から地球を守っているため、南極上空のオゾンホールは地球生態系に対する深刻な脅威の一つとなっている。

関連ニュース

南極の氷、5年間で1兆トン超消失

2度目の「人類への警告」に184か国の科学者が署名

タグ
自然, 研究, 環境, 地球温暖化, 南極
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント