05:20 2018年07月21日
ナノファイバー

携帯を充電できる服が開発中

© Depositphotos / Ktsdesign
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

米シンシナティ大学などの研究チームが、様々なデバイスを充電できる服の開発に取り組んでいる。

スプートニク日本

服にはカーボンナノチューブからできた特別な布を用いる。カーボンナノチューブは小さな繊維状の正方形を形成し、これが布に変わる。カーボンナノチューブは蜘蛛の糸に似ており、布状に織ることが可能。

研究チームによると、カーボンナノチューブは他の素材よりも強度や電導性が高く、表面積が広く、耐熱性が高い特徴を持つ。

カーボンナノチューブは重金属のセンサーから超コンデンサ、バッテリーなど様々な機器に用いることができる。さらに車や飛行機の銅線に置き換わることで機体の軽量化と燃費向上につながる。

研究は米軍も関心を抱いたという。新しい布によりランプや暗視装置、通信機器などの装備の充電が可能であり、戦いにおいて大きな優位をもたらすという。

関連ニュース

サムスン ガジェットを充電してくれる「スマート・セーター」を特許 申請

Appleウォッチで命拾い心臓発作の警告サイレンで香港男性が一命をとりとめる

タグ
ファッション, 科学, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント