20:54 2018年08月21日
宇宙ゴミ(イメージ)

米露中が残した宇宙ゴミは計何トン? 天文学者が算出

© Depositphotos / Johan Swanepoel
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04

地球軌道上には現在、およそ2000トンの機能している人工衛星と、大半は米国による7000トンの宇宙ゴミが存在する。ハーバード大学の天体物理学車、ジョナサン・マクダウェル氏がツイッターで明らかにした。

スプートニク日本

「7月初頭、地球軌道上には約7200トンの宇宙ゴミがある。約3200トンは米ロケットや宇宙探査機の発射や破片が残したもので、1700トンはロシアとソ連、900トンが欧州で450トンが中国に属するものだ。他の国は全て、約950トンのゴミを生産した。」

軌道上のゴミの量は増え続けている。過去3年間でゴミの量は年間約100トンつまり2%ペースで増えた。

関連ニュース

タグ
研究, びっくり, 科学, 環境, 宇宙, 中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント