18:44 2020年10月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
161
でフォローする

データセキュリティ企業Blanccoが、どのiOSやアンドロイドスマートフォンが最も信頼性が低いかを分析した報告書を公表した。

スプートニク日本

iPhoneのなかで最も問題だったのがiPhone 6とiPhone 6s。両デバイスはセンサー、そしてワイファイやBluetoothの接続に不具合がしばしば見られるという。

2018年第1四半期の全体のリストでワースト1位に選ばれたのはサムスンのスマートフォン。同社のデバイスにおける不具合の発生数をほぼ27.5%だと評価した。

2位は中国Xiaomi(シャオミ)で14%の不具合。3位はモトローラで9.5%強となった。4位はHuawei(ファーウェイ)で5位はInFocusのデバイスが選ばれた。

関連ニュース

タグ
番付・ランキング, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント