13:41 2018年08月18日
超高速交通ハイパーループ

高速システム「ハイパーループ」建設合意 中国で署名

© 写真: Youtube/ Virgin Hyperloop One
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61

「ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)」社が、中国南西部の銅仁市での高速システム「ハイパーループ」の最初の10キロ建設に向け、同国の「Tongren Transportation & Tourism Investment Group(Tongren)」との合意に署名した。

スプートニク日本

HTT社では、「HTT社がプロジェクトの技術的・工学的部分と、基本的設備の提供に責任を負う。『Tongren』は証明や基礎的な基準、システムの建設に携わることになる」と説明している。

高速システムの予定ルートについては、市行政当局が決定する。融資は官民パートナーシップを通して実現され、この際に資金の50%は中国企業が割り当てる。

「ハイパーループ」は、鋼鉄のパイプからなるシステムで、これらのパイプの内部を、空気動力学的「クッション」の上に乗った気密カプセルである列車が移動するというもの。理論では、時速1200キロにまで加速できる。この構想を発案したのは、自動車メーカー「テスラ・モーターズ」とロケット製造企業「スペースX」の創業者である億万長者のイーロン・マスク氏。

関連ニュース

超高速交通ハイパーループ、車両内部のインテリアを公開

ハイパーループの旅客用カプセル車両、最高速度を更新

タグ
イーロン・マスク, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント