01:48 2018年10月20日
MacBook Pro(アーカイブ写真)

新MacBook Pro、強力プロセッサ搭載も役立たず 解決策は冷凍庫で使うこと

© Depositphotos / Denys Prykhodov
テック&サイエンス
短縮 URL
192

7月中旬、アップルはプロ向けノートブック「MacBook Pro」の新型を発売。見た目は変わらないが、中身はよりパワフルに進化。だがYouTuberのデイブ・リーさんがi7プロセッサ搭載の前モデルとi9プロセッサ搭載の2018年モデルを比較したところ、2018年モデルが前年モデルよりキビキビと動くには、冷凍庫に入れる必要があると判明した!

スプートニク日本

リーさんは映像編集ソフト「Adobe Premiere Pro」を立ち上げ、動画を編集。2017年モデルが35分で作業を完了した一方で、2018年モデルは40分かかった。

リーさんは、高音になると放熱のためクロックを下げるメカニズムが原因だと仮説を立てた。このメカニズムはプロセッサの熱暴走による火災や故障を防ぐためノートブックに搭載されている。

普段はi7とi9プロセッサは同じ熱量を発するが、2つは異なる周波数に「加速」する。したがって、負荷がかかったi9はより多くのエネルギーを使用する。そのうえ、2018年モデルの冷却システムには目立った変化がない。

放熱に問題があるという仮説に基づき、リーさんは2018年モデルを冷凍庫に入れて同じように動画編集。結果は、27分と10分以上短縮された。

関連ニュース

タグ
びっくり, テクノ, エンタメ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント