14:43 2018年08月19日
ロボット作り(アーカイブ写真)

ロシアで4足歩行ロボット開発中 省庁の依頼で

© Sputnik / Alexander Kryazhev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

ロシア有望研究基金は国産4足歩行ロボットを作り出したが、複数省庁からの依頼を受けて開発を続けている。

スプートニク日本

「すでに一連の4足歩行ロボットが作り出されたが、この開発は主に提案的なものだ。今日、こうした作業は省庁の依頼を受けて進められている」と基金のセルゲイ・フルス代表が語った。
フルス氏はロボットの概要や利用目的を明かさなかった。

4足歩行ロボットが持つ無限軌道(キャタピラ)や車輪で動くロボットに対する主な優位点は、移動が困難な地形や岩場を容易に移動し、山道を越え、障害物を乗り越え、階段を登れることなどにある。

現在最も知られている4足歩行ロボットはBoston Dynamics社が作ったもの。歩行者のスピードで150キロの負荷に耐えるBigDogや時速45キロで走れるCheetah、様々な研究用の小さなサンプルロボットLittleDogなどが作られた。

関連ニュース

タグ
テクノ, ロボット, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント