18:52 2018年08月21日
海の酸性度が、1400万年前の記録を上回るかもしれない

海の酸性度が、1400万年前の記録を上回るかもしれない

© Sputnik / Anton Denisov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

海の酸性度が、1400万年前の記録を更新する可能性がある。Earth and Planetary Science Letters誌に掲載された。

スプートニク日本

英国の学者たちは、2200万年間の海の酸性度の歴史を復元した。海水のpHは2100年までに7.8に達する可能性があるという。これは記録的な数値。このような酸性度が観測されたのは約1400万年前の中期中新世。

これは、海洋に溶ける二酸化炭素が大気中で増加しているのが原因。このような状況は、サンゴ礁の死につながる恐れがある。

関連ニュース

スウェーデン海洋投棄の旧兵器の毒がエビの体内から検出

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント